ニ代前半の女性に、男性に恋人として求める条件を聞いたデタがあ

ニ代前半の女性に、男性に恋人として求める条件を聞いたデタがある。①人柄六三・六%②フィーリング五六・一%③容姿五三・二%このあと、④行動力、⑤趣味の一致、⑥話題が豊富、⑦健康、とつづく(複数回答)。三番目の,容姿。は、二O代後半の女性になるとぐっとランクが下がる。そのかわりに。知性いってくるのだが、いずれにしても、女性が男性に求めているのは、。人柄…プ男’がいる。そのトップにあがるのが、かかっこつ…け男。だ。人の目ばかり気にして、つねにポズを決めてい…るような男、中身もないのに口先で体裁を整えているだけのような男は、まず女性から嫌われる。次に、一②自分勝手男、③自信過剰男、とつづくところからもわかるように、自分に自信を持つことはいいことだが、。自分ほどいい男はいないんだ。などと、自己陶酔しているような男ほど、女性にとって鼻につくものはないのだ。また、うじうじ、ブランド志向、外見だけで人を判断する、というのも、,性格プ男ゃ。フィーリング人間性であることには違いない。るための恋愛の理仰なぜ、好きな彼女と、つまらないことでケンカしてしまうのか二人の気持ちが盛りあがるほど、理性が鈍り、,売り言葉に買い言葉’の状態になりやすい顔を合わせるたびに、口ゲンカの絶えないカップルがいた。男性が何か言うと、女性が「何を言ってるのよ」と反発する。逆に、女性の言葉に、男性が「わかったような口をきくな」と文句を言う。年中、そんな調子だから、周囲は、あのこ人は犬猿の仲だと噂していたのだが、周囲の期待を裏切るかのように、ケンカしながらのデトを続け、ついに結婚にゴールインした。恋する男女がケンカする心理には、二つの段階がある。一つは、ごく初期の段階で、まえにもふれたが、相手への強い関心が、反発などの形となって行動に現われてくるものである。もう一つは、二人の関係が深まってきた段階だ。会えば、当然、二人とも気分が盛りあがってくる。一種の興奮状態になるといってもいい。言いかえれば、理性の働きが鈍っている状態だ。こうしたときは、ほんの些細なことがきっかけで、言い争いになったりしやすいのである。お互いに理性を失っていたりすると、それこそ。売り言葉に買い言葉。で、「もう、相手の顔など見たくない」とケンカ別れをすることにもなりかねない。もちろん、こうした対立は、お互いに相手に気を許しているからこそ起こるものです。