なれなれしくされるのをいやがるのか若い女性にとって、愛と性は

なれなれしくされるのをいやがるのか若い女性にとって、愛と性は別であり、性以外の男性の愛の証明を求めたがる若い女性にとって、恋愛は、やはり最大の関心事の一つだろう。彼女たちと話すと、彼女たちなりの恋愛観がうかがえて興味深いが、驚くのは、Fただ今恋愛中という女性が意外に少ないことである。ただ、「恋人がいません」という女性でも、つきあっている男性がいることはいる。なかには、会えばセックスをするような関係のつきあいをしている女性もいる。しかし、そうい、?女性でも、「恋人がほしい」と真剣に言うのである。つまり、彼女たちにとっては、愛と性とはまったく別なもの、と意識されているのである。私たちの若いころは、恋愛関係にある男女が、ある程度のつきあいを経たあと、ようやくたどりつくのがセックスだった。それも「愛しているからセックスをするのだ」と自分たちを納得させたものだが、いまの若い女性には、「愛しているからセックスをするのだ」などということは、あまり通用しないようだ。もちろん、愛と性は別と考えている若い女性でも、ほんとうに嫌いな男性とはセックスしようとは思わないだろうが、このあたりに、若い男女の意識のすれちがいがありそうである。5どうしたら、恋活 アプリ おすすめ で二人の危機を乗り越えられるか男性にとって、女性とつきあ、??えで、セックスは一つの大きな目標である。とくに若いうちはそうで、彼女とセックスできるかどうかばかりが気にかかったりする。そうした男性にしてみれば、ようやく彼女とセックスする仲にこぎつけると、一つの階段が終わったような気になりやすい。俗な言葉でいえば、「彼女はオレのものになった」というわけだ。しかし、愛と性とをごっちゃにして、そこで安心していると、女性からしっぺ返しをくらう恐れが十分にある。女性が相手の男性を、セックスはしたけれど恋人ではない、と考えているとすれば、「亭王面しないで」「人前でなれなれしくしないで」と不満が出たり、「もう、会わないことにしましょうね」と宣告されてしまうこともあるだろう。要するに、好きな女性とセックスをしたからといって、彼女が恋人になってくれた、などと簡単に思わないほうがいいのである。映画『ジョンとメリ』では、一夜かぎりのセックス相手だったはずの男女が、お互いに相手のことが忘れられなくなり、恋愛関係に発展するというストーリーだったが、こうしたセックスから始まる恋愛もある。